画像

小さなキズ~フレーム修正までなんでもご相談下さい!

 自社鈑金塗装工場完備 Ⴚტ◕‿◕ტჂ

自社工場だから出来る低料金設定!
安いからと言って手抜きはしません。 
お客様の大事な車ですから全力で仕上げします。

 ちょっとした不注意で!

一瞬んのよそ見が大変なことになります。
みなさんも気をつけて下さい。

M様のお車の修理内容です。
一般車輌保険に加入されてなかったので実費負担の修理となり
ご本人様も車検のある間乗れれば!と言うことで出来る限りの鈑金
作業で最安仕上げで話がまとまり着工となりました。

 鈑金後パテにて修正

鈑金して鉄板を元の形状に合うように整形
パテにて小さな凹みを埋めて平らな状態にして行きます。

 色の調合

パテを盛って乾燥して研いでパテを盛って乾燥して研いでを繰り返してる
合間に色合せ調合をして行きます。 新車時の調合の割合はデータとして
ありますが、永年乗ってると色も変わってますので一筋縄では行きません!
職人が永年培ってきた腕と経験と感で調合して出来るだけ現車の色に
近づけていきます。

 インナーフェンダー修理完了

外装の取り付けの土台となる部分です。
ここの寸法が狂ってると外装を取り付けした時にずれてしまいます。
流石熟練の仕上がり!

 外装パーツ仮合わせ

熟練工とはいえドンピシャとは(笑)
微調整をして仮合わせ終了です。

 調色最終チェック

調色した塗料をマグネット板に吹き付けて色んな角度
と光で最終チェックします。

 出来上がり

ボンネットと少し色が違う要に見えますが正解です!
ボンネットは永い月日で変色(黄ばみ)してます。それでも今回塗装した所は、わざとに新車時より少し変色した調色をしています。なぜなら今現在の色に合うように焼けた色で調色すると1・2年後には、今回塗装した所がそれ以上に焼けて黄ばんでしまい見た目がおかしくなります。 ここの度合いも経験が必要です。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0947-44-0791
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!